合鴨農法(アイガモ)で育てた無農薬玄米を宅配(通販)致します 夫婦2人の小さな農園です

農園紹介

  • HOME »
  • 農園紹介

浅間の煙+私達夫婦は大阪からここ信州・佐久へ移り住み(Iターン・新規就農)、1995年にまんまるファームを始めました。約1町8反の田畑でお米と野菜を作っています。2017年現在で23年目を迎えていますが、まだまだ学ぶことは多く色々と迷いながら試行錯誤の連続です。

ここ佐久は標高750mの高原地帯、夏も涼しいので病虫害の発生も少なく栽培しやすいし、また夏の昼と夜の寒暖の差が激しいので米や野菜の糖度が増します。反面、冬の寒さが非常に厳しくマイナス15度前後まで冷え込み土は凍土となりスコップも鍬も歯が立たないくらいでほとんどの野菜は育ちません。

会員制ではありませんので、お気軽にご注文くださいね。
是非一度、まんまるファームのまんまる米(無農薬・無化学肥料のコシヒカリ100%)を、お召し上がりください。
「とりあえず1回だけお試しで!」という方、大歓迎です。
まんまるファームではお米はご注文いただいてから精米・発送しますので、いつも新鮮な味を楽しんでいただけます。

農園名の由来(まんまるファーム)

・・・いろんな国の人と友達になれたら楽しいな。
でもまずは家族の和、仲間の輪、地域の輪、そして日本の輪。
少しずつ輪が大きくなればいいですね。

太陽・・・まあるい太陽の恵みをたっぷりと浴びてすべての農作物はすくすくと育ちます。
私達人間にも太陽はとっても大切。まんまるファームから生まれる野菜たちが体にも心にも明るく優しい太陽になりますように。

・・・のどかな風景の中で太陽・雨・いきものなど自然の恵みをたっぷり受け、時には乾燥・大雨・強風と厳しい自然の洗礼に耐え、鳥や虫などの攻撃にあいながらも野菜たちは強く優しく穏やかに育ちます。
世の中も平和で穏やかで和やかになることを強く願います。

循環・・・種をまく→肥料(堆肥等の有機物)を与える→収穫物を食べる→わらや籾殻・残菜などで肥料を作る
→また種をまく・・・・・・
日本で古くからから実践されてきた循環型の農業はとても分かり易く、優しい方法。
未来永劫この循環(サイクル)がずーっと続いていけるように微力ながら手助けをしていきます。

そういったすべての気持ちを「まんまる」に込めました。
作ってにっこり、食べてまあるく、一人でもたくさんの人が心まんまるになることを願って・・・・・・・

耕す人のご紹介

村井健二
村井健二

大阪で約2年間のサラリーマン生活の後、ここ信州へ移り住み農業を始めました。
最初の半年は隣町で有機農業を営んでいるご夫婦のところで研修をさせていただいて、
2年目の春に独立、まんまるファームをオープンして田畑を借りて女房と2人で無農薬でお米と野菜を作り始めました。

☆過去に凝っていたこと-釣り。ギター演奏。海外放浪等。
☆過去にかじったことのあるスポーツ-野球・バスケットボール・陸上競技(短距離)・テニス
☆至福の瞬間-お客様より「お米、美味しかったよ」のお言葉!アイガモたちと戯れるとき。美味しいビールに出会った時。

2013-9-12庭のひまわり'

 

村井幸子

関西等で働いた後、勢いのみで長野に移住し、夫と有機農業を始めて早20年。

☆今もずっと好きなもの———-動物・読書・海外旅行・神社仏閣巡り・公園庭園・普段のちょっとした冒険
☆冬限定で続けているスポーツ—ジョギング
☆至福の瞬間—————–美味しいコーヒーと美味しいスイーツでリラックスしている時・ビールやワインを飲んでいる時・動物と触れ合っている時・花や緑や人の心など美しいものに触れた時

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © まんまるファーム All Rights Reserved.